静岡県の保育士求人の傾向は?「子ども・子育て新制度」について

静岡県は「子ども・子育て新制度」という取り組みを行っています。仕事と育児のバランスを保ちつつ、両立のためのサポートを行う取り組みのことです。この制度によって、子育て世代の育児だけではなく、仕事も支援する動きが起きています。

では、実際にこの制度によって静岡県の保育士の求人はどのようなものなのでしょうか?制度の内容と合わせて詳しく解説します。

静岡県の「子ども・子育て新制度」とは?

静岡県は平成27年の4月から「子ども・子育て新制度」を開始しました。この制度は、子供たちが安心して成長していけるように、また保護者も安心して子育てができるようにするための環境作りを目指した制度です。子供と保護者を町などの地域全体で支えます。

この制度は平成24年8月に施行された「子ども・子育て支援法」に基づいてスタートされたのが特徴です。子育て支援に関して、これまでよりも一層の充実をはかるための取り組みだと言えます。子育てを支援するためには、量と質の両方が共に向上することが理想です。

子ども・子育て新制度によって、「認定こども園」の普及を後押ししたりします。認定こども園とは、保育園と幼稚園が融合した施設だと捉えるとわかりやすいです。保育園と幼稚園の両方の良いところを併せ持つことで、より快適で利用しやすい施設となります。

さらに大きな特徴として管轄も異なり、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省がそれぞれ管轄していますが、認定こども園は内閣府管轄です。認定こども園には厚生労働省と文部科学省の両方が関わることになります。認定こども園が普及することによって保育の場を設け、待機児童を減らすことが目的の一つです。

これまでの子育て支援は共働き家庭や片親家庭が優先されていましたが、子ども・子育て新制度ではすべての子育て家庭を支援することになります。

静岡県の保育園や幼稚園の現状は?

静岡県は子ども・子育て新制度により、積極的な子育て支援に取り組んでいます。しかし、全国の他の県と同じく待機児童が発生しているという問題も抱えているのが現状です。平成31年4月の段階で待機児童数は212人となっています。

前年から113人減っているので、少しづつですが待機児童減少のための取り組みが形になっているようです。静岡県の中でも静岡市は待機児童が0人となっています。他の市町村では定員以上の申し込みがあり、保育士が足りないなどの理由により待機児童が発生している状態です。

特に保育士の数が必要となる3歳以下の保育において、申し込み数と受け入れ可能な人数が釣り合わずに待機児童となるパターンが多く見られます。静岡県の取り組みによって待機児童は減少傾向にありますが、入園希望者と受け入れ枠のミスマッチが完全には解消されてはいません。

これに対して静岡県は保育の場の充実を進めています。そのため保育士へのニーズも高まっています。

静岡県の保育士求人の特徴

静岡県の保育士はまだまだ不足している状態であり、保育士への求人は多いと言えます。

静岡県において保育士有効求人倍率は約2.3倍と非常に高いです。他の職種の有効求人倍率の平均が1.46倍となっているので、保育士が求められているというのがわかります。全国的に見ても保育士は数が不足していると言われ有効求人倍率が高いですが、静岡県は特に倍率が高いのが特徴です。

求人数が多いため就職先の選択肢を増やすことができるというメリットがあります。

静岡県は保育士の需要は高いですが、県内の地域によっても条件や優遇は異なりますので、就職先がどのような職場なのかはしっかりとチェックをしましょう。特に保育士不足ということは、保育士一人に割り当てられる業務の負担が大きくなる可能性もあります。

求人条件や待遇が良くても業務量が多すぎたり残業が多かったりと、労働環境がよくないというケースもあるので注意が必要です。求人が豊富なことは良いことですが、数が多いからこそしっかりと検討をしなくてはいけません。

その他の特徴としては、保育士の給与が高いということです。静岡県の保育士の給与による平均年収は約350万円となっています。保育士は低賃金というイメージがありますが、実際に他の職種よりも給料が安いことが多いです。

保育士の給与は施設の規模や地域によっても変動しますが、静岡県内では静岡市が保育士の給与は高くなっています。また求人先も、認定こども園や幼稚園、保育園だけに限りません。静岡県では企業内に設置される保育園や院内保育園などの求人も多数見られます。

保育士求人のチェックポイント

保育士求人をチェックする際には、いくつかのポイントに絞ると検討しやすいです。重要なのは求人されている条件に自分の希望条件を合わせるのではなく、あくまでも自分の希望する条件に基づいて求人先を吟味することになります。

自分の希望を自分自身でしっかりと把握しておかないと、求人情報に振り回されて自分の希望条件がブレてしまいがちです。希望条件を具体的に書き出し、優先順位も決めておきましょう。例えば給料が高いところが良いとか、通いやすさが一番大切だとか、なにを優先するかは人それぞれです。

求人情報を見る前に、絶対に譲れない自分の条件を決めておくことで求人の判断が楽になります。次に求人先の施設の方針を必ず確認してください。方針が合わないと働いていてもストレスを感じやすく、長く勤めることが困難になるケースもみられます。

自分の保育スタイルとマッチする施設を選ぶのがベストです。勤務時間や休日は確実に提示されている通りに守られているかが焦点となります。実際には行事が多く作業を持ち帰って自宅でする必要があったり、残業が多かったりということもあるので注意が必要です。

日曜日に運動会やバザーなどの行事が多い場合には、その分の出勤手当や代休があるのかも忘れずにチェックしましょう。

静岡県で保育士求人を探す方法

静岡県で保育士の求人を探したい場合には、ハローワークを利用するのが一般的です。その他の方法としては、保育士専門の転職サイトを活用する方法があります。転職サイトには様々な特徴があり、保育士の求人に特化したサイトもあるので便利です。

転職サイトを利用する場合には一つに絞るよりも、複数のサイトに登録すると情報に偏りがなくなります。転職サイトも質の高い情報を提供しているサイトかどうかを判断して登録するようにしてください。手当たり次第に登録するのは逆に情報を管理しにくくなるので、3サイトくらいに絞るのがおすすめです。

静岡県の保育士・保育所支援センターは、より地域に密着した求人情報を得ることができます。保育士・保育所支援センターは、保育士の求人や保育所の運営支援に特化した施設です。ブランクがあったり保育士として就職することに不安を感じている場合にも、相談窓口を利用したり就職相談セミナーに参加したりできるので便利です。

求人の際も保育士・保育所支援センターが仲介し、求人先への見学もできるので安心です。

静岡県は保育士の求人数が多い有望なエリア!

静岡県は子ども・子育て新制度に基づいて、保育の場を充実させる取り組みを積極的に行っています。保育の場を増やし、待機児童を年々減少させていますが、まだ完全に解消されてはいません。待機児童の受け入れ先として保育施設が新しく設けられるなどの背景を受け、保育士へのニーズは高いです。

静岡県は保育士の求人数が多く給与も高めなので、保育士の就職先として注目されています。